キャッシングと銀行系カードローンの違い

  即日借入れ
銀行系おまとめローンの審査基準ランキング
会社別ランキング
楽天スーパーローン
アコム
モビット
詳しくはこちら
  借入れ額で選ぶ
  キャッシングを賢く利用する
  審査について
  おまとめ融資額で選ぶ
  リンク集
  基本メニュー
  関連リンク集

  キャッシングと銀行系カードローンの違い
さっきから「キャッシング」と「カードローン」を使い分けていますが、 双方の違いがわからない! という方にご説明します。
キャッシングとカードローンは違うものになります。もちろん内容は「お金を借りる」ということに変わりはありません。


●カードローン
銀行系のカードローンはお金を借りて月払いで返していく方法。
返し方は銀行口座引落、ATM返済が主流で2回以上の定額返済。
つまり、借りたお金を月々、定額返済(ローン)にして返していく形です。


●キャッシング
信販系のクレジットカードは商品を買うときに利用しますが、
キャッシングの場合は、商品ではなくお金を買うというイメージということになります。
商品を買うのではなく、お金を買うわけですから利息がかかっていきます。
返済は指定口座引落がメインで、翌月、翌々月に一括返済。もしくはリボルビング払いです。
利息は付くものの、口座引落で一括、定額で返済していく形。


消費者金融系のキャッシングカードでお金を借りる方法。
決められた期日に返済をしていくのですが、主に提携ATMからの振り込み(預け入れ)になります。
一括返済、臨時返済、増額返済などにも対応しているので、支払期日以降に随時返していきたいという方には、返しやすい返済方法を設けているところです。
金利がやや高めだが、返済期日以外にも返済可能。借りる金額により返済金額が変動。


銀行系カードローンは、総量規制の対象ではない銀行法なので、 収入の3分の1などの規制もありません。
貸し入れ期間も長く持てるので、大きな返済金額に悩まされることもなく、
計画的に利用することができるのが大きなポイントです。